2008年

知識工学および情報技術

タイトル主執筆者
(弊社社員のみ)
発行年投稿先、誌名、会議名
A structured approach to stepwise development of next-generation technology of integrated site characterisation for deep geological repositories. Takase, H. 2008 Proc. WM2009
Building confidence in CCS through on-line deliberation H. Takase 2008 GHGT-9
Design concept of a knowledge management system of geological disposal technology Takase, H. 2008 火力原子力発電 59, 26-33 (2008)
原子力の持続的発展を支えるための廃棄物処分システムの開発
(2)統合性能評価の方法論の開発
高瀬博康 2008 日本原子力学会2008秋の大会
原子力の持続的発展を支えるための廃棄物処分システムの開発
(3)課題探索的性能評価の方法論の開発
高瀬博康 2008 日本原子力学会2008秋の大会
黒板アーキティチャを用いた地質環境調査の知識ベースの構築 高瀬博康、橘翔子 2008 日本原子力学会2008秋の大会
次世代型サイト特性調査情報統合システムの開発
(1)基本的考え方
高瀬博康 2008 日本原子力学会2008秋の大会
次世代型サイト特性調査情報統合システムの開発
(8)システムの基本設計
高瀬博康、橘翔子 2008 日本原子力学会2008秋の大会
地層処分技術に関する知識マネジメントシステムの開発(Ⅲ)
(1)マネジメント機能のインテリジェント化に関する設計研究
高瀬博康、橘翔子 2008 日本原子力学会2008年春の大会
地層処分技術に関する知識マネジメントシステムの開発(Ⅲ)
(2)知識ベースの設計研究
高瀬博康 2008 日本原子力学会2008年春の大会

地層処分技術(性能評価、地質環境、工学技術)

タイトル主執筆者
(弊社社員のみ)
発行年投稿先、誌名、会議名
Development of performance assessment methodologies to evaluate differences among repository design options Takase, H., Noguchi, T. 2008 2008 East Asia Forum on Radioactive Waste Managemen Conference
Natural analogues in relation to alkaline alteration of clayey buffer materials; an example from the Searles Lake, California: (1) Numerical simulation of groundwater flow H.Takase 2008 日本原子力学会2008春の大会
System-Level Modelling for the Latera Site: Final Report P. Maul, A. Bond, L. Limer, M. Thorne 2008 Quintessa Report QRS-1320B-3 Version 1.0
The Use of QPAC-EBS for Project THERESA Benchmarking Studies Bond A., Watson C. 2008 Quintessa Report QRS-3009A-1 Version 3.0
処分場の設計オプションの違いを考慮した性能評価手法の開発(1)-ランダムウォーク法を用いた3次元核種移行解析コードPARTRIDGEの開発- 野口俊英、 高瀬博康 2008 日本原子力学会2008春の大会
閉鎖指標に関わる定置品質の検討
(2)懸念事象に関する分岐パラメータ・分岐条件の明確化
高瀬博康 2008 日本原子力学会2008秋の大会
閉鎖指標に関わる定置品質の検討
(4)閉鎖要件の導出方法の検討
高瀬博康 2008 日本原子力学会2008秋の大会
/
template joomla