性能評価のための知識マネジメントシステム

 放射性廃棄物処分システムの性能評価のように、多くの分野では,ある程度類型化された一連の解析や評価を,シナリオの派生,処分位置や設計の変更,地質環境条件等を含む解析条件の変更等の度に,一定期間内に多数回の解析を実施します。また,ステークホルダの参加が求められた場合,多様な人々との対話を通じて,様々な懸念や興味に対応した多くのケースについての解析や検討を行う必要が生じます。例えば、処分事業の場合、今後行われることとな許認可等においては,規制機関から性能評価解析の追跡性および使用したツールやデータの品質保証を求められることが予想されます。このようなニーズは,性能評価解析の一連のタスクが再現可能な形式で保存されていること,そしてタスクの遂行過程で行われた種々の意思決定とその根拠とが透明性と追跡性とをもって記録されていることの必要性を示しています。

 このような背景のもと,QJサイエンスでは,設定された対象に応じて比較的ルーティン的な作業を行うタスクについて,その実施を支援しかつ的確に品質管理を行えるようにする知識マネジメントシステムを開発しています。これは,様々なニーズに対応した評価レポート,解析ツール,データベースの統合に対する支援を行うためのインテリジェントシステムです。主要な成果物である数値解析・評価レポートとその作成や変更に用いる解析ツールやデータベースを一体化することにより,品質管理に必要な追跡性や再現性,知識利用の最適化に必要なユーザーフレンドリネス,再利用性を備えています。また,Web上で動作するシステムとして設計することで,複数のユーザーがネットワーク越しにアクセスし,レポートの閲覧・編集,解析を実施することを可能にしています。

関連する論文

/
template joomla