感度解析と不確実性解析

感度解析

 放射性廃棄物処分の安全評価は,対象とする時間と空間のスケールが大きいということもあって,様々な不確実性を含んでいます。安全評価に用いられるパラメータについても,関連する特性の空間的変動性や時間的変化によって,また,実験室や自然システムでの観察結果をそうした系での時間空間スケールから処分の時間空間スケールへ外挿することに起因して,不確実性が生じます。不確実性を持つパラメータの変動が解析結果に及ぼす影響の度合いを把握するために,さまざまな感度解析手法が用いられます。複数のパラメータの重要度を把握することにより,精度向上させるべきデータや詳細に評価すべき現象などを特定するための補助となります。さらには,システムの挙動を大局的に把握したり,システムの不確実性解析の実施にも繋がります。他方で,工学的システムの最適なデザインを導き出すことにも感度解析が用いられます。

 QJサイエンスでは,これらの感度解析手法を放射性廃棄物処分の安全評価に適用し,システムの挙動の把握や不確実性解析,設計の最適化などに役立てています。また,目的や用途に応じた独自の手法やツールを開発することにより,感度解析手法のさらなる高度化に取り組んでいます。

 

/
template joomla