地球科学

ファジー地球統計シミュレーション

 地下深部の不均質な岩盤特性分布に対して,私たちが入手することのできる情報は,疎らに分布するボーリング孔での実測という「点のデータ」の集合に過ぎません。このような状況で,疎な実測点のデータを統計的に内挿する手法として開発されたのが地球統計学です。しかしながら,放射性廃棄物処分のように,社会的要因や天然バリアとして期待する岩盤の損傷を抑制する必要のために実測データ数が少ない場合には,通常の地球統計学的手法だけでは推定結果に含まれる不確実性が大きすぎることがあります。

 そこで,QJサイエンスは,着目する岩盤特性についての実測値という点のデータ(ハードデータ)に加えて,弾性波や電磁波等を用いた物理探査の画像や地史その他の地質学的知見といった間接的な情報(ソフトデータ)を組み合わせて地球統計学的手法を用いるファジー地球統計シミュレーションの手法を開発し,東濃地域の不均質地質環境のモデル化などのプロジェクトに適用しています。

稀頻度事象の発生確率評価

 大規模な地震や火山噴火といった天然事象の発生確率は極く小さいものですが,一旦これらが起きると巨大な影響が生じることとなります。これらの極低確率巨大インパクトの事象は,リスク評価上重要な位置づけを持つこととなりますが,稀頻度の事象に関するデータは必然的に少ないため,リスクの予想には大きな不確実性が含まれざるを得ません。

 QJサイエンスは,極値統計学やベイズ統計学の手法を用いて,稀頻度事象のリスク評価に取り組んでいます(天然事象の影響を考慮した地層処分のリスク評価 )。特に,ベイズ統計において尤度関数を種々の情報に基づく専門家の判断に基づくファジーメンバーシップ関数で置換する手法を用いることによって,稀頻度事象のデータ不足を解消することに効果を上げています。

 

/
template joomla