原子力施設の廃止措置

 一般に発電用原子炉の寿命は30年から60年程度と見込まれており,原子力発電所の運転が終了すると,原子炉や付属設備,建屋を解体撤去して敷地を更地に戻すことになります。放射能を帯びた炉内構造物等の解体撤去には,遠隔解体装置や遠隔作業車を用いた切断技術や放射能測定・評価技術が求められます。また,解体廃棄物に対しては除染技術・減容処理技術を適用して,最終的に放射性廃棄物として処分しなければなりません。

 QJサイエンスでは,国内外の専門家のネットワークを活用して,上記のように多様な技術に関して情報収集や分析コンサルティングサービスを提供しています。

 

/
template joomla