CCS

QJサイエンスの取り組み

 CCSは極めて学際的なプロジェクトであるため、異分野間の知識共有が今後の技術発展の鍵となっています。また、CCS技術の実現には、その地域におけるCCSに対する理解や社会的な合意が必要となってくるため、前述したようなコミュニケーションも極めて重要になると考えられます。

 CCSに対するQJサイエンスでの取り組みはまだ始まったばかりですが、以下のような活動を通して、CCSに関するあらゆる知識や情報の共有化を図るようにコミュニケーションの場を設けたり、積極的なサポートを行ったりしています。

  • パブリックアウトリーチ・プログラムの作成サポート
  • CCSに関する知識や情報の共有システム構築サポート
  • CCSに関する国際会議での発表

関連する論文

/
template joomla