原子力・放射性廃棄物

放射性廃棄物の処分とは

 ウラン燃料の核分裂反応を利用して電力を生み出す原子力発電からは,副産物としてさまざまな放射能レベルの放射性廃棄物が生成されます。中には,1万年経っても放射能毒性が残るものも含まれるため,これらの廃棄物を安全に処分することが必要です。人間の生活圏から放射性物質を長期間隔離するために,廃棄物は地中に埋められます。特に,放射能レベルの高い廃棄物については,深さ数百メートルの地層中に埋める処分方法が各国で検討されています。長期的な将来の安全性を確保するためには,地質環境中での処分施設や放射性物質のふるまいをよく理解する必要があります。

QJサイエンスの取り組み

 QJサイエンスは、会社設立以来,様々な分野での国レベルのプロジェクトにおける放射性廃棄物処分の研究開発に関わってきました。その他,近年は福島第一原発事故後の除染活動の支援や原子炉解体に関する研究・調査など,「原子力と環境」といった分野に活動範囲を広げています。

 

放射性廃棄物処分の安全評価技術
 知識マネジメント・知識工学 放射性廃棄物の処分技術と安全評価に関する知識マネジメント
 除染事業支援 福島第一原発事故の除染活動支援
 原子力施設の廃止措置 原子炉解体・原子力発電所廃止措置に関する研究と情報収集
 現象解析シミュレーション
  ガラスの溶解モデル解析 放射性核種移行時のガラスの変質・溶解シミュレーション
  破壊力学解析 ガラス固化体の破砕解析
  QPAC THMC連成解析等に対応した強力な汎用ソルバー


/
template joomla